プロミスの審査が甘いポイント

急にお金が必要になることというのは、決して珍しくはありません。
そんなときに、手元に現金がなければ、消費者金融から借り入れるというのは、非常に有効な手法です。
もちろん、キャッシングを受けるためには、審査をクリアしなければなりません。
お金を貸す側にしてみれば、担保もなしに他人に大事なものを託すのですから、ちゃんと返済してくれる確信がないことには、不安でなりません。
キャッシングを受けるためのプロミス審査での注意すべきポイントがどこにあるのか、消費者金融の世界では広い人気を集めているプロミスを例にとって考えてみます。
見られるポイントとしては、年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴、持ち家か賃貸か、自宅の固定電話の有無、既婚か未婚か、家族と同居しているかなどが主な項目となっています。
年収を調べるのは、限度額を決める上で非常に重要なことは言うまでもありません。
プロミスのように消費者金融の場合は、総量規制の対象となっていますから、年収の3分の1までしか借入はできません。
勤務先については、規模が小さいからといって不利にはなりません。
パートやアルバイトであっても、継続的に安定した収入があれば借入ができます。
なお、在籍確認がなされるのが通例です。
本当に申込人が申告しているとおりの勤務先なのかの確認だけです。
もちろん、秘密は厳守で行っています。
勤続年数に関しては、長いほうが真面目なパーソナリティーだと判断されて、有利に働いています。
過去の借入歴は大変重要です。
もし、以前に、債務整理や返済の遅れなどがあると致命的に不利になります。
ほか、家の状況や固定電話、結婚しているかどうかは、どちらかというと付随的な審査ポイントとなっています。